プラネットサポートセンターが販売代行しているPanda Endpoint Protection

ウイルス対策ソフトから クラウド型セキュリティサービスへ

Panda Endpoint Protection(パンダ エンドポイント プロテクション)は、管理サーバ機能をクラウドから提供することで、場所を問わず複数のPCをブラウザから統合管理が可能。クライアントセキュリティ対策と管理コストを大幅に削減する、アンチマルウェア+ファイアウォールの定期利用料制サービスです。

本社・支社・モバイル PC など多拠点にある社内 PC のプロテクションを、いつどこからでも管理者が使いやすい Web コンソールで一括管理を行なうことが可能です。 LAN 接続されていない多拠点を持つ大企業にとっても、また専任の担当者のいない中小企業においても、新たなインフラを追加投資したり複雑な管理に悩まされることがなく、担当者の作業負担を大幅に軽減。セキュリティ対策の複雑さや手間、コスト軽減のための最大限のサービスを提供する理想的なソリューションです。

プラネットサポートセンターが販売代行しているPanda Endpoint Protectionサービスイメージ

プラネットサポートセンターが販売代行しているPanda Endpoint Protection導入のメリット

最低限の運用コスト
インフラ追加投資が必要なし。プラネットでもセキュリティ管理の代行をすることが可能。
複雑さの解消
遠隔地の支店などにもプロテクションの配布や管理が可能な、使いやすい集中管理 Web コンソール。
生産性損失の軽減
優先順位の高い本来の業務へ集中可能にするため、セキュリティに費やす時間や手間を最小限に抑える、手間いらずの自動アップデート及びアップグレード。
リスクマネジメントの改善
レポート機能は、アップデート状況や脅威の検出、駆除、隔離などについて、リアルタイムで詳細なステータスを提供。また定期的なネットワーク全体のセキュリティ監査についての情報も提供可能。
ビジネス継続性の確保
きめ細かいサポート、最新バージョンのテクノロジー及びシグネチャファイルを常に使用する有用性の高いホスティングサービス。
個人情報盗難の防御
企業から機密情報を盗もうとする隠れたマルウェアを検出
プラネットサポートセンターにて無料トライアル実施中!お問い合わせはこちら

プラネットサポートセンターが販売代行しているPanda Endpoint Protectionの特長

未知のマルウェアに立ち向かう強固な事前型プロテクション
既知及び未知の脅威、さらには隠れた脅威にも立ち向かう、デスクトップやサーバーのためのアンチマルウェアプロアクティブプロテクション。 Panda Security独自のクラウド型テクノロジー"コレクティブ インテリジェンス"によって、シグネチャファイルが常に自動でアップデートされています。
ファイル、email、インターネット及びインスタントメッセージング経由による脅威のプロテクション
最小限のリソース消費で、ヒューリスティックテクノロジーも含まれ、ファイル、email、インターネット、インスタントメッセンジャー経由の脅威に対するプロテクションを行ないます。
マネージドパーソナルファイアウォール及び HIPS
ファイアウォール機能は、Webコンソールによる集中管理、または管理者がユーザーに許可した場合は、ローカルコンソールによるエンドポイントからのローカル管理が可能です。
*ファイアウォールの提供機能:アプリケーションのフィルタリング、ネットワークアクセスのフィルタリング、IPS(不正侵入防御システム )、ネットワークウイルス防御、ゾーン毎のセキュリティ設定(信頼済みのネットワーク、公共ネットワーク等)
Web 管理コンソール
管理者が集中管理のために必要なのはブラウザのみ。サービスの定期利用料をお支払い頂くだけで、LAN 接続されていない遠隔地のオフィスを含む、全てのワークステーションのアンチウイルスやファイアウォールプロテクションをインフラの追加や人材確保の必要なく、簡単に管理できます。
全自動またはオンデマンドのアップグレード / アップデート
エンジンのアップグレードや、パターンファイルのアップデートは完全に自動化。アップデートの頻度は、集中管理 Web コンソールから管理者が設定可能なだけでなく、オンデマンドで強制的に行なうこともできます。
ピアツーピアによるシェアリング
ワークステーションのプロテクションのアップグレード及びアップデートは、ネットワーク内で一番近いデスクトップから P2P 経由により、最小限の帯域消費で行なうことが可能。アップデートパッケージが LAN 内に見つからない場合、ワークステーションはインターネット経由で Panda のデータセンターから取得します。
プロファイルベースのプロテクション
管理者が、企業のニーズによって異なるポリシーの設定やユーザーやグループ、ドメイン毎に保護を適用することができ、管理者の貴重な時間をセーブすることができます。
複数のアドミニストレータの管理者権限設定
管理者が他のユーザーに管理権限を委託したり、特定のコンピュータに対してのみアクセス権を持つ管理ユーザーを設定して管理タスクをシェアすることが可能です。
フレキシブルなインストール
管理者は、プロテクションを配布するためクライアントユーザーによる作業介入の有無どちらでも異なるインストール方法を選択することが可能。ユーザーに作業をさせない場合は、選択したエンドポイントに対し透過的にプロテクションを配布できるディストリビューションツールが用意されています。
毎日のステータスをメールでレポート
アップデートプロセスのステータス同様、検出したマルウェアや、駆除、隔離したマルウェアの情報をレポートで提供。さらに、レポートはテキストファイル、XML、HTML、Excel フォーマットなどにエクスポートできます。

プラネットサポートセンターが販売代行しているPanda Endpoint Protectionの機能

エンドポイントプロテクション
ワークステーション、ファイルサーバー
プロテクション
ウイルス、スパイウェア、フィッシング、ルートキット、ボット、未知の脅威など
プロテクション
ファイル常時保護
email常時保護SMTP, POP3, MAPI, NNTP
HTTP/FTP 常時保護
インスタントメッセージング保護
安全なブラウジングのためのWebプロテクション
ファイアウォール
マネージドファイアウォール
パーソナルファイアウォール
ネットワークワーム防御
アプリケーションフィルタリング
ネットワークアクセスフィルタリング
IPS(不正侵入防御システム)

プラネットサポートセンターが販売代行しているPanda Endpoint Protectionのシステム要件はこちら

Panda製品紹介ページトップはこちら  /  PS Japan社の製品紹介ページはこちら(外部リンク)

プラネットサポートセンターが販売代行しているPanda Endpoint Protectionでは無料トライアルを実施中!お問い合わせはこちら

↑ページTOPへ戻る